Thrash 'till Death!

自称スラッシュメタル中級者が好き勝手にバンド・CDを語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Chapel / Satan’s Rock 'n' Roll

chapel-satans_rocknroll.jpg


1. Rock 'n' Roll from Hell
2. Nocturnal Blasphemy
3. Satan's Rock 'n' Roll
4. Hell Breaks Loose
5. Alcoholocaust
6. Blood Will Be Spilled
7. Satanist
8. Motorcult
9. Trashed
10. Hellrazors
11. Gates Of Hell
12. See You In Hell

カナダ出身、2012年発表のデビューアルバムです。

カナダっていいバンド多いですよね。Razor、Annihilator、Exciter、Anvil。どれも最高です。

このChapelは、スラッシュメタルというよりはMotorheadやVenomタイプの豪快暴走ロケンローといった感じのバンドです。アルバムタイトルにもRock 'n' Rollと入ってるしね。

全編通してダミ声ボーカルに乗せて爆走するので、実際以上にアルバム一周するのが速く感じます。ベースの音がはっきりとバキバキ聞こえるところがあるのもgood!

曲・歌詞の雰囲気からVenomと似た感じがします。そういう意味でこれもブラックメタルといえるかも?

気になるのが、曲名のバリエーションが少ないwww
Rock 'n' Roll、Hell、Satan、この3つの言葉ばっかりじゃねーかwww

雰囲気も含めて個人的な好みを突いていますね。これまた最近デビューしたSpeedwolfも同系統のバンドでなかなか楽しめました。この手のジャンルが更に盛り上がってくれることを期待します。
スポンサーサイト

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2013/08/21(水) 22:22:29|
  2. C
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Artillery / By Inheritance

Artillery - By Inheritance[1]

1. 7:00 From Tashkent
2. Khomaniac
3. Beneath The Clay (R.I.P.)
4. By Inheritance
5. Bombfood
6. Don't Believe
7. Life In Bondage
8. Equal At First
9. Razamanaz
10. Back In The Trash

今回は、Artilleryの3rdアルバム(1990)のご紹介です。

このバンドは、デンマーク出身のベテランスラッシャーで、現在でも活躍しています。

1stのFear of Tomorrow(1985)では荒々しい・禍々しいスラッシュメタルを演奏していた彼らですが、このアルバムからは、現在までバンドの個性ともいえるエスニック・オリエンタルなメロディラインが全面に押し出されていきます。

何といってもイントロ①からそのまま入っていく②は一度聞くと忘れられないような美しいリフからスタートする名曲。この一曲だけでもアルバムを買う価値があるくらい素晴らしい出来です。

東洋的な雰囲気を漂わせるこの曲は、日本盤発売当初は世界情勢を鑑みて収録されなかったそうです。Khomaniacは、イラン革命の指導者ホメイニ師を指し、それを批判した本の出版をめぐって色々と物議を醸しており、その余波を受けての自粛だったようです。なんともったいない・・・

このほかにも、個人的には④、⑩が好きですね。ハイトーンのボーカルにメロディックなリフがよくマッチしています。

バンドはその後解散しますが、再結成を果たし、コンスタントに新作を発表しています。最新アルバムのMy Bloodも素晴らしいので、また機会があれば取り上げたいと思います。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2013/08/06(火) 22:14:11|
  2. A
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vektor / Outer Isolation

vektor-outer_isolation.jpg

1. Cosmic Cortex
2. Echoless Chamber
3. Dying World
4. Tetrastructural Minds
5. Venus Project
6. Dark Creations, Dead Creators
7. Fast Paced Society
8. Outer Isolation

今日は、アメリカ・アリゾナ出身のバンド、vektorの2011年発表の2ndアルバムのご紹介です。

このバンドはvoivod+destructionなんていう評判もある若手期待のバンドです。確かにvoの声の質はシュミーアに近いものがある、ひねくれボイスですね。(voivodは1stしか聴いていないので勉強不足ですw)

音楽の方は、ただやたらめったら突撃するのみではなく、プログレッシブというか摩訶不思議な雰囲気を漂わせています。どうやったら思いつくのかといったリフが満載です。しかしノリにくいというわけでは決してなく、むしろ聴きやすいです。間違いなくバンドの個性を確立していると思います。

個人的に好きな曲としては、④や⑧がいいですね。どちらも一曲の中で動と静がダイナミックに切り替わるところが素晴らしいです。

最近このバンドを気に入った身からすると、もっと早く聴いておくべきでした。1stアルバムの"Black Future"も欲しいのになかなか手に入らないw

今年には来日もするそうです。できれば生で演奏を聴いてみたいですね。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/31(水) 21:03:36|
  2. V
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Exodus / Bonded By Blood&Let There Be Blood

Exodus - Bonded by Blood (1985)



Exodus-Let_There_be_Blood.jpg

1. Bonded by Blood
2. Exodus
3. And Then There Were None
4. A Lesson in Violence
5. Metal Command
6. Piranha
7. No Love
8. Deliver Us to Evil
9. Strike of the Beast
(10. Hell's Breath)


今回は、スラッシュメタル最重要級バンド、Exodusの1stアルバム(1985)と、その再録アルバム(2008)のご紹介です。

ある程度スラッシュメタルをご存知の方にはもはや説明の必要はないかと思いますが、少しExodusについて紹介します。

Exodusは、アメリカのベイエリア出身のバンドで、デビュー前にはMetallicaのギタリストKirk Hammettが所属していたことでも有名です。90年代のスラッシュメタル冬の時代に一度は解散しますが、00年代に入って復活、現在も活躍しているバンドです。

さて、その伝説の1stアルバムですが、ベイエリアクランチの元祖といえる刻みまくりのGary Holt&Rick HunoltのH-Teamのギターリフ、喚き散らすように歌う狂気をはらんだPaul Ballofのボーカルを特徴とするまさに完璧なスラッシュメタル。

全曲が名曲といってもいいと思いますが、あえて好みを選ぶなら①、④、⑨あたりですね。

そしてその名盤を現代のメンバーで再び録音したものがLet There Be Blood。Testamentの"First Strike Still Deadly"以降ベテランバンドの初期の名作の再録が流行っているようですね。10曲目のHell's Breath以外はオリジナルと全く同じ曲順となっています(この曲も実は初期の頃に書かれたものだそうです)。

1stとの大きな違いとしては、まず音が低い&分厚いこと。これは最新の録音技術を用いているので当たり前のことではありますが、受ける印象は結構違います。実際後追い世代の僕はこちらを先に聴き、オリジナルを聴いたときは正直、「音軽過ぎだろww」と思ってしまいました。(今ではそちらの良さも理解しているつもりですがw)

更に、voがRob Dukesに変更されていることも大きな違いですね。オリジナルのPaulは2002年に亡くなってしまい、7thアルバム"Shovel Headed Kill Machine"からこのRobが務めています。迫力満点のパワー溢れるボーカルで素晴らしいですが、この点もオリジナルのPaulも個性的で癖になるので一概にどちらがいいかとは言えませんね。

ベテランスラッシュメタルファンの方からすると「オリジナルの方がいいに決まってるだろjk」とおっしゃられるかもしれませんが、ゆとりメタラーの僕からするとどちらも甲乙つけがたい出来だと思います。むしろ他のバンドももっとこのような再録アルバムを出してほしいと思います。WhiplashとかRazorを一回高音質で聴いてみたいなあ。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/28(日) 22:39:10|
  2. E
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Evil Army / Evil Army

これからは80~90年代の初期~全盛期のベテランと00年代以降の新世代バンドを交互に紹介していこうと思います。新世代の1枚目はこちら。

Evil Army - Evil Army[1]



1. Edge of Destruction
2. Evil Army
3. Driven To Violence
4. Realm of Death
5. Wrong Approach
6. Sgt. Says Kill
7. Conquer Human Life
8. Severe Mental Disorder
9. Relentless Assault
10. Satan Made Me Do It
11. Scum of The Earth
12. Watch Me Fall
13. Friday The 13th

Evil Armyは、アメリカ・メンフィス出身のバンドで、これは06年発表のセルフタイトルの1stです。

見るだけでB級メタルだとわかるほどダサいジャケ写なんですが、CDを開けると、メンバーの写真がまたヒドイww

evil-army-.jpg

裸にガンベルトを巻き、銃を構えるというこの写真、トンでもなくダサい。

だがそれがいい。

メンバーのステージネームも、vo&g:Rob Evil、b:Bones、dr:Michael Murder(上記写真左から順に)というスラッシュメタルらしいセンス。イーヴォーwwwマーダーwww

肝心の音なんですが、ダーティー&イーヴォーな爆走スラッシュメタル全開です。全13曲のうち大半が1分台ということもあり、あっという間に駆け抜けていきます。

激速&短時間勝負というところでは、S.O.Dや、Nuclear Assaultなどを連想させますね。

2曲目のEvil Army、3曲目のDriven to Violenceという序盤だけでも相当のハイテンションで突っ走りますが、そのテンションは最後の曲に至るまで全く落ちません。

1stがこんな素晴らしい出来なのだから、今ではさぞかし活躍しているのだろうと調べてみたのですが、bのbonesは薬物で亡くなり、voのRob Evilは刑務所に入っていたということです。もったいない・・・

が、今年に入ってRobとMichael(双子の兄弟らしい)の二人でEPを発表したとのことです。このまま順調に活動してフルアルバムを出してほしいものです。

テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

  1. 2013/07/27(土) 16:31:47|
  2. E
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

プロフィール

TtD!

Author:TtD!
スラッシュメタル歴3年の学生。
適当にHR/HMのアルバムを紹介していきます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ごあいさつ (1)
C (1)
A (1)
D (1)
E (2)
V (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。